windows、macのデータ入稿印刷 word、パワーポイント,Illustrator,一太郎,Corel DRAW,G.CREW8 Windows,Mac対応ソフトとデータ作成上の注意

※必ず下記の作成の注意をお読みください。

パンフレット、フライヤー

A4・B5印刷
コート90k
コート110k
コート135k
マット90k
マット110k
マット135k

A3・B4印刷
コート90k
コート110k
コート135k
マット90k
マット110k
マット135k

A5・B6印刷
コート90k
コート110k
コート135k
マット90k
マット110k
マット135k

ポストカード100x148mm

コート180k

マット180k

コート220k

マット220k

ミラーマット220k

名刺サイズ55x91mm

コート180k

マット180k

コート220k

マット220k

ミラーマット220k

ポスター印刷

A2コート90〜135k

B3コート90〜135k

A1コート90〜135k

B2コート90〜135k

B1コート135k

大部数チラシ印刷

A6コート58k コート68k
B6コート58k コート68k
A5コート58k コート68k
B5コート58k コート68k
A4コート58k コート68k
B4コート58k コート68k
A3コート58k コート68k

A4,B5中綴じ冊子印刷

8P〜40P
コート90-110K

P8〜32P
コート135k

A5 B6中綴じ冊子印刷

8P〜40P
コート90-110K

P8〜32P
コート135k

官製はがきへ印刷

官製はがき印刷

加工

・二つ折・三つ折
・Z折・DM折・ミシン目
・スジ入 ・孔開け


Word,ワード」「Excel,エクセル」「 PowerPoint,パワーポイント」「Illustrator
Photoshop,フォトショップ」など
で作成したデータがそのまま版下になります。

対応ソフトウェア
※必ず下記の作成の注意をお読みください。
OS ソフト 注意
Mac/Win Illustrator 5.0J/5.5J/7.01J/8.01/9.02/10.03/CS〜CS5 9.02以上の場合は注意事項があります。
Mac/Win Photoshop CS3 まで  
Win Microsoft Word 97/98/2000/XP/2003 RGB※1
Win Microsoft PowerPoint 97/2000/XP/2003 RGB※1
Win Microsoft Publisher 98/2000/XP/2003 RGB※1
Win Microsoft Excel 97/98/2000/XP/2003 RGB※1
Win 一太郎2004 RGB※1
Win 花子10 RGB※1
Win Corel DRAW 9 RGB※2,CMYK
Win MET's G.CREW8 RGB※1
Mac/Win Acrobat PDF(*2) pdf/x1a フォントが埋め込まれていない場合は印刷できません。

※1RGBソフトは画面の色と印刷色が変わりますのでご注意ください。
※2RGBで作成の場合は画面の色と印刷色が変わりますのでご注意ください。


※必ず下記の作成の注意をお読みください。

【重要】データ作成の注意

Illustrator Illustrator イラストレータ

●バージョンは、必ず最新にアップデートしてから作成して下さい。

アップデートHP

保存は必ず作成のバージョンで保存してください。
CSで作成し バージョン8保存などのように作成外のバージョンで保存しますと意図しない印刷結果になる場合があります。

各バージョン共通

色はCMYKモード
にして入稿下さい。
画像は出来るだけ
リンクで配置してください。
配置する画像は
EPS形式にしてください。
トンボはクリエイト→
トリムマークで作成して塗りつぶしの場合はトンボまで塗ってください。
画像をリンクで配置した場合、画像を忘れずに添付してください。
フォントはアウトラインにしてください。
孤立点はエラーの原因です、必ず削除してください。編集→選択→孤立点
オーバープリントに十分注意してください。
必ず、かならず作成したバージョンで保存してください。

また、透明などのIllustrator9以降の新機能につきましては、まだ問題の発生する場合がございます。問題になると考えられる部分は予め画像化しておくと安全な出力をすることができます。


■Adobe Illustrator 9/10 のEPS 作成マニュアル

(1 )カラーモードの確認をします。
「ファイル」→「書類のカラーモード」でIllustrator 書類のカラーモードが「CMYK カラー」に設定
されているかを確認します。設定されていない場合は「CMYK カラー」に変更します。

(2 )アートワークの分割設定を確認します。
「ファイル」→「書類設定」を開きます。
Illustrator9 の場合は「透明」の項目で「プリント・データの書き出し」の「画質/速度」スライダが
「高画質/低速」
(一番右端)になっていることを確認します。
また、「プリント・データ」の項目で「ラスタライズ解像度」の値が「600ppi 」になっていることを確認します。
Illustrator10 の場合は「透明」の項目で「分割設定」の「ラスタライズ/ベクトル設定」スライダが
「ベクトル」(一番右端:値100 )
、また、ラスタライズ解像度が「600ppi 」になっており、「すべてのテキストをアウトラインに変換」「すべての線をアウトラインに変換」「複雑な領域でクリップ」「可能な場合オーバープリントを保持」のチェックボックスにチェックが入っていないことを確認します。

(3 )ラスター効果設定を確認します。
Illustrator9 の場合は「効果」→「ラスタライズ」→「ラスター効果設定」を開きます。
Illustrator10 の場合は「効果」→「書類のラスター効果設定」を開きます。
ラスター効果
解像度が「高解像度」なっていることを確認します。

 弊社では、お客様から支給されたデータの「ラスター効果設定」の値は変更いたしません。
また、このオプションを変更することで、Illustrator はアピアランスを再設定することがあります。この際に、Illustrator がアピアランスの再設定に失敗することもありますので、書類作成の最初にこの設定を行うことをお勧めいたします。

Photoshop Photoshop フォトショップ

Photoshop は EPSまたはレイヤーを統合したPSD 形式でご入稿下さい。

EPSのエンコード「JPG最高画質」がお勧めです。

解像度は、印刷サイズで350〜400dpiが最適です。これ以上大きくてもファイルが重くなるだけで画質には関係ありません。

ポスターの場合は、離れて見ますので200〜300dpiでもよいかと思われます。

Illustrator/Photoshop/ Corel DRAW Illustrator/Photoshop/ Corel DRAW

CMYK モードがあるソフトウェア(Illustrator/Photoshop/ Corel DRAW)では、
必ずCMYKモードにして入稿下さい。
Illustrator/Photoshop/Corel DRAW で RGB でご入稿されますと自動的にCMYKに変換しますので色味が変わりますのでご注意ください!

スポットカラーの使用もCMYKに変換しますので色味が変わりますのでご注意ください!

CMYK モードがないソフトの場合は当社にて RGBからCMYK に自動変換します。

解像度は印刷サイズで350dpi程度のものが最適です。解像度が低いと印刷に大きく影響します。

ワード パワーポイント エクセル 一太郎 ワード パワーポイント エクセル 一太郎

ワードアートなどの「透明にする」のチェックは入れないで下さい。
画像を配置する場合は、配置する前に画像ソフトで加工したものを貼ってください。
ワードの機能を使ってのぼかしはエラーの原因になります。

文字を太くする場合は、ボールド(B)を使わないで、太いフォントを使ってください。ボールドの場合文字が太くなりすぎて小さな文字は潰れます。

ワード、パワーポイント、エクセルなどOFFICEソフトは、RGBソフトですので画面の色と印刷の色は変わってしまいます。特に明るい色はくすんだ色になってしまいますのでご了承ください。どのように変わるかは印刷してみないと分かりません。色に厳しい場合はCMYKソフトで作製することをお勧め致します。 

簡易な画像が綺麗に印刷できるかの確認
 表示サイズを「300〜500%」にしてきれいに見えれば問題ありません

PDFPDF

PDFに変換する場合 Distillrをお使いください。
Distillr推奨変換設定は、PDF/X-1a:2001です。

※フォントは必ず埋め込んでください。埋め込まれていない場合は印刷できません。

●フォントの確認および画像の解像度の確認

PDFファイルをAcrobatで開いて、「表示」→「全体表示」にします。この状態で一旦全てのページを表示させてみてください(左右矢印キーでページ切り替えができます)。

「フォント」→「文書情報」→「フォント」を選択します。

フォント情報が表示されたら、「全フォントを表示」をクリックします。

 ここで「使用フォント」の項目を見て全てのフォントが「埋め込み サブセット」になっていれば全てのフォントが埋め込まれています。全てアウトラインの場合は「なし」になります。


画像が綺麗に印刷できるかの簡単な確認方法

PDFの表示サイズを「400%」に拡大してキレイに見えれば問題ありません。

 

※色々書いてありますが分からない事はお気軽にお問合せ下さい。
東京都大田区大森西4 印刷商人 電話03-5748-1754